[PR] オンラインレッスンのレアジョブ英会話 25分129円~

荒涼館 チャールズ・ディケンズ

荒涼館 / Bleak House

ヴィクトリア朝の腐敗した訴訟制度や倒錯した慈善事業、社会全体が批判的に描かれている。海外ではこの作品がディケンズの最高傑作であると評価する人が多い。

Bleak House荒涼館 – Wikipedia
Bleak House – Wikipedia

英語無料オーディオブック

Bleak House – LibriVox

英語無料eブック

Bleak House – Project Gutenberg
YL 読みやすさレベル: 8.0-9.0 総語数: 345,000

市販ブック

Bleak House: Upper (Macmillan Readers)– amazon.co.jp
YL 読みやすさレベル: 4.5-5.0 総語数: 22,002
荒涼館– amazon.co.jp

Posted in Charles Dickens / チャールズ・ディケンズ and tagged . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Trackbacks are closed.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

(Spamcheck Enabled)

  • Recommend

  • About

    パブリックドメイン(著作権切れ)の洋書、世界文学など無料英語eブックに可能なかぎり無料のオーディオブックと日本語eブックのリンクを追加して難易度別にまとめています。

    リスニングやリーディング、多聴多読に、無料の英語学習教材としてこのウェブサイトをお役立てください。

  • Categories: Authors(作家)

  • Tags

  • Ads

  • RSS コラム 新着記事

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.