[PR] こども用オンライン英会話の「キッズアイランド」 その人気の秘密とは?

秘密機関 アガサ・クリスティ

秘密機関 / The Secret Adversary

『秘密機関』(ひみつきかん 原題: The Secret Adversary)は1922年に刊行されたアガサ・クリスティの長編推理小説・サスペンスである。1920年に『スタイルズ荘の怪事件』で推理作家としてデビューしたクリスティの二作目となるミステリであり、この作品で名探偵コンビトミーとタペンスが初登場する。

Secret_Adversary_First_Edition_Cover_1922秘密機関 – Wikipedia
The Secret Adversary – Wikipedia

英語無料eブック

The Secret Adversary by Agatha Christie – Project Gutenberg
Flesch Kincaid Grade level: 4.90. Number of words: 75,809.
YL 読みやすさレベル 7.5-8.5(英語多読完全ブックガイドによる判定)

日本語ブック

秘密機関 – amazon.co.jp

Posted in Agatha Christie / アガサ・クリスティ and tagged , . Bookmark the permalink. RSS feed for this post. Trackbacks are closed.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

(Spamcheck Enabled)

  • Recommend

  • About

    パブリックドメイン(著作権切れ)の洋書、世界文学など無料英語eブックに可能なかぎり無料のオーディオブックと日本語eブックのリンクを追加して難易度別にまとめています。

    リスニングやリーディング、多聴多読に、無料の英語学習教材としてこのウェブサイトをお役立てください。

  • Categories: Authors(作家)

  • Tags

  • Ads

  • RSS コラム 新着記事

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark.